多様性への取り組み

当社を含む、富士ゼロックスおよび関連会社の活動範囲はグローバルに広がっています。お客様や市場は多岐にわたり、一緒に働く仲間も多様です。この「私たちらしさ」を活かして大きな力にするためにも、多様性の尊重は欠かせません。相互に積極的に学び、刺激していきます。そしてそれぞれの価値をさらに高めることをお手伝いして、豊かな社会づくりに貢献したいと思います。

1.計画期間

平成27年4月1日~平成32年年3月31日までの5年間

2.内容

子育てや介護など従業員の個別の事情に応じた働き方ができるような環境を整備し、ストレスや負荷を軽減して生産性向上・品質向上に貢献することを目的とする。

目標1:育児や介護に関する社内規程の整備と充実化の推進

<対策>

  • 育児休職・休暇制度の充実
  • 介護休職・休暇制度の充実

目標2:社内規程の社員への周知

<対策>

  • イントラネットによる規程の公開

目標3:従業員の状況に応じた働き方の実現

<対策>

  • 従業員の状況を踏まえた、柔軟な働き方の実施(コアなしフレックスなど)
  • 時間短縮勤務の実施
  • テレワーク(トライアル)の実施

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日の5年間

2.当社の課題

  • 管理職を含め、上位役割になるほど女性比率が低い。
  • 職場にロールモデルがいないため、管理職になることをイメージできない。
  • 女性も含めた社員に対するキャリア開発支援が不十分だった。

3.目標

  • 管理職に占める女性の割合を平成32年度以内に4%以上にする(現状2.4%)。

4.取組内容

以下の取り組みを平成28年4月1日より実施する。

  • キャリア開発支援と上司と本人の意識改革
    • 全社員のキャリア開発面談およびキャリア開発支援を実施。特に、女性社員に対しては、ライフイベントを踏まえたキャリア開発支援を行う。
  • ロールモデルとの対話
    • 若手社員(入社5年目まで)を対象に、社内外女性管理職との対話会を開催し、管理職としてのやりがいや仕事と家庭の両立経験を共有し、管理職のイメージを浸透させる。
  • 管理職のワークライフバランス実現
    • 管理職に対するマイナスイメージである長時間労働是正のため、管理職自身の働き方変革として、一人ひとりが仕事のやり方を見直し、総労働時間を意識した働き方を徹底する。

女性の活躍の現状に関する情報公表

  1. 採用した労働者に占める女性労働者の割合:26.7%
  2. 男女の平均勤続年数の差異:4.1年 男性:16.3年 女性:12.2年
  3. 労働者の一月当たりの平均残業時間:13.6時間
  4. 管理職に占める女性労働者の割合:2.4%
  5. 有給休暇取得率:70%
  • 注記 対象日、対象期間 1.3.5、2014年度実績 2、2015年3月31日現在 4、2016年2月1日現在
  • 注記 対象従業員区分 正社員のみ

関連情報

富士ゼロックスにおける取り組み