ホーム > ソリューション > IT資産管理/セキュリティ管理システム

IT資産管理/セキュリティ管理システム

概況 富士ゼロックス、販社および関連会社の事例

2005年から段階的に導入したノウハウ10年におよぶ運用ノウハウを御社に提供いたします。

実際のセキュリティ対策実施はPhase2以降となるが、その為にPhase1の状況把握は必要不可欠。
この基盤をベースに、持ち出しPC、PCライフサイクル管理、さらに、CSIRT/SOCへ展開しております。

富士ゼロックスでは、ManagementCore®+セキュリティパッチ・マネージメントサービス(SPMS)を利用し、約6万にも及ぶクライアントPCのインベントリ、ソフトウェアライセンス、パッチ適用状況をグループ全体で行い、さらに収集した情報を他の施策/システムと連携し、クライアントセキュリティの維持・向上をはかっております。

概要 IT資産管理からエンドポイントセキュリティ管理まで

課題定義 管理を怠ることによる様々なリスク(障害)

課題定義 万が一、情報漏えいが発生すると…

課題定義 セキュリティ対策の必要性~PC監視の時代へ~

課題定義 もはや人手では徹底管理しきれない

PC台帳更新、トラブルシュート

セキュリティパッチの必要性

ソフトウェア・ライセンス管理

PC操作履歴の管理・PC利用制限

特徴 ManagementCore について

(1) IT資産管理・セキュリティ管理・監視・監査を1システムで実現!

資産管理に必要な機能を備えているオールインワンシステムでありながら、必要な部分から導入し、順次展開できるため、コストを抑えることができます。

(2) ハイスケーラビティ&ハイパフォーマンスで『使い易い』を実現!

エージェントが軽く、動作が早いため、日々の業務の邪魔になりません。また、部署ごとに管理の方法が異なる場合も柔軟に対応可能です。

(3) 導入・運用・保守のあらゆるフェーズで低コストを実現!

資産管理に必要な機能を備えているオールインワンシステムでありながら、必要な部分から導入し、順次展開できるため、コストを抑えることができます。

弊社は、2005年より、IT資産管理機能からエンドポイントセキュリティに至るまでの機能を順次導入したノウハウをお客様へ提供致します。

機能

テーマ ツールの機能 内容 領域
コンプライアンス 資源の最適化 セキュリティ 管理業務の効率化
不正コピー防止 ライセンス管理 各端末にインストールされたソフトウェアの情報を収集。購入済みライセンスとの照合で過不足を把握。 対応 対応 非対応 対応
不正行為阻止 不正操作記録 ファイル操作の記録することで不正発覚時に追跡可能とする。また抑止効果も期待できる。 対応 非対応 対応 対応
不正検出 不正にNW接続された端末検出や管理端末上での禁止された操作(ダイアルアップ、USBメモリー使用)を検出してアラームを上げる。 対応 非対応 対応 対応
ネットワーク検疫 ポリシに不合格のPCはネットワークに接続させない。 対応 非対応 対応 対応
ウィルス対策 アンチウィルスソフト管理 アンチウィルスソフトのインストール状況やバージョン、パターンファイルの状態を管理。 非対応 非対応 対応 対応
セキュリティパッチ管理 Windows Updateの更新状況やパッチ適用状況を把握。 非対応 非対応 対応 対応
資産の活用 インベントリ管理 各端末のハードウェア/ソフトウェア情報の収集。 非対応 対応 非対応 対応
運用の効率化 情報一元化+作業分担+
アクセス制御
各種情報を一元管理しつつ、アクセス制御を行うことで分業とセキュリティ確保を両立。 非対応 対応 非対応 対応
メッセージ配信 様々な検索パターンで該当端末を特定して管理者からのアナウンスを可能とする。 非対応 対応 非対応 対応
ソフト配信 セキュリティパッチを強制的に適用する。 非対応 対応 対応 対応
リモートコントロール エンドユーザーサポートを効率化する。 非対応 対応 非対応 対応

ひとつのソフトウェア製品でほぼ全領域をカバーするオールインワン設計

機能イメージ

稼働環境

ManagementCore メーカーホームページを参照ください。

他社の商標について

「ManagementCore」は住友電工システムソリューション株式会社の製品、住友電気工業株式会社の登録商標です。

本ソリューションにつきましてはこちらよりお問い合わせください

お問い合わせ

本ソリューションにつきましてはこちらよりお問い合わせください

お問い合わせ