ホーム > ソリューション > ERPソリューション > システム連携プラットフォーム Magic xpi

次世代EAIプラットフォーム Magic xpi

新規、既存システムのデータ連携「つなぐ」を実現します。

つなぐ(繋ぐ)

企業のITシステムは「基幹システム」「部門システム」「業務システム」などで構成され、オンプレミスやクラウドに配置されます。
「つなぐ」とは各システムに極力手を加えず連携を実現することにあります。

Magic xpi Integration Platform(Magic xpi)は、設置環境を選ばず、オンプレミスやクラウド上でも活用できるので、既存資産の有効活用を実現すると共に、企業内外にある有益な資産やデータを「つなぐ」ことができるシステム連携プラットフォームです。

特長

コスト(導入・運用費用)の抑制

開発生産性の向上

コーディングをせずに視覚的なデータマッパーでドラック&ドロップにより繋ぐことを実現します。

保守性の向上

プロセスの自動化と、スケジューラー、例外やエラーの自動処理機能を有しています。
ITとビジネスユーザが必要とする包括的な管理とモニタリング機能を有しています。

安定性の向上

60以上のコンポーネントおよびカスタマイズ可能なコネクターやアプリケーションベンダーに認定されたアダプターをご利用いただけます。

高い信頼性

インメモリ・データグリッドテクノロジの採用により、高可用性と高速化を実現します。

インメモリ・データグリッド(IMDG)テクノロジー

インメモリ・データグリッド(In-Memory Data Grid)とは、大量のデータを複数のサーバーメモリ上にデータを分散管理し、並列に処理を行う技術です。メッセージ層のミドルウェアにIMDGテクノロジーを採用したことにより単一障害ポイントを排除するとともに、クラスタリング(アクティブ・アクティブ)による拡張と並行処理による、スケールアウトが容易になります。

主要なアダプター

66種500機能以上のアダプターにより、容易にシステム間連携が可能となります。

本ソリューションにつきましてはこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ

本ソリューションにつきましてはこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ