ホーム > ソリューション > ERPソリューション > Webシステムを統合化 intra-mart

Webシステムを統合化 intra-mart

Webシステムの統合基盤をつくり、運用効率を上げるプラットフォーム。

Webシステムの乱立で運用コストが肥大化

Webシステムはその使い勝手の良さから、企業内の一般社員向けシステムに使用されています。しかし、スケジューラーや施設予約、日報や共有アドレス帳などのシステムが個別に運用されると、コストがかさんでしまいます。また、会議の招集メンバーの予定を確認しながら空き施設を予約するといった場合も、システムが連携していなければ別々の作業になってしまい、利用者にとっては不便です。

わかりやすく、拡張性の高いintra-martによる情報共有基盤

当社はWebシステムを統合するプラットフォームとして、拡張性が高く、他システムとの連携が柔軟なintra-martをご提案しております。

業務効率アップ intra-martの特長

高い生産性を実現する統合型フレームワーク

Webシステム構築に必要な各種機能が、すべてJavaコンポーネントとして標準装備されています。
ソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークに発展可能です。

全社規模から、部門単位での小規模展開まで幅広く対応可能なサービスメニュー

intra-martには利用用途に応じた3つのプラットフォームエディションが用意されています。
また、180ユーザーまでを対象とした、小規模ユーザーライセンスも用意されています。
これらのエディションとサービスメニューを選択することで導入コストを最小限に抑えることが可能です。

ビジネスアプリケーションシリーズによる多様な拡張性

グループウェアや営業支援システムなどの各種業務アプリケーションがラインナップされています。
これらのアプリケーションから、お客様のご要望に合わせて必要な機能を追加することが出来ます。
また、ソースコードが公開されているため、業種や業務内容に合わせて自由なカスタマイズが可能です。

本ソリューションにつきましてはこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ

本ソリューションにつきましてはこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ