管理コスト削減 DirectInputSystem 入力業務短縮と承認フロー導入で不要データ登録を防止。

  • 特長・機能
  • 導入実績
  • 技術者インタビュー

オフィスで発生する入力業務でコストが膨れ上がっていませんか?

オフィスでは、日々発生する交通費、作業工数、事務用品の購入費など、膨大な件数のデータを入力しなければなりません。交通費や作業工数は用紙に記入して月末にまとめて入力するというのもひとつの方法ですが、外出の多い営業員の方やお客様先に常駐して作業をされる方には、大きな負担になってしまいます。また、物品購買などは上長の承認が必要なため、承認フローを間違いなくコントロールするニーズも無視できません。

Webで入力業務をスピーディーに行い、承認フローで不要データを登録防止

SAP ERP導入の経験をベースに開発した、データ入力のためのフロントエンドシステムで、Webブラウザから交通費の精算、購買依頼、工数報告などが簡単に行なえます。外出先・遠隔地からでも経費の申請や承認が可能となり、経費精算業務の短縮化を実現できます。入力エラーのチェックも即時に行うため、間違いのないデータだけを基幹システムに入れることができます。

入力業務コスト削減 DirectInputSystemの特長

経費精算業務の短期化 経費精算システム

  • 全社員が簡単に旅費・交通費の精算、仮払申請・精算をWeb上で行うことができます。
  • 上長・経理等の承認を経たデータは SAP ERP会計モジュール(FI)と連動します。
  • Ver3.0からは外貨に対応し海外出張の精算も可能です。
  • オプションの電子証憑システムを導入することにより、領収書等の証憑をスキャン/FAXで電子化し、Web上で承認することが可能です。

経費精算業務の短期化 経費精算システム

  • 事務用品、備品などの購買依頼をWebで直接行えます。
    購買部門で承認されると、入力されたデータは、SAP ERPの購買モジュールへ転送されます。

プロジェクトごとの原価管理、予定実績管理 工数原価システム

  • 社員がダイレクトにWebを通じて業務時間報告を行えます。
    入力されたデータは、承認後SAP ERPのプロジェクト管理モジュール(PS)へ転送されます。

DirectInputSystemに関する資料請求・お問い合わせはこちらから。

  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ
ここまで本文