製品情報共有システム

概要

企業が製品マニュアル等のドキュメントを、社内各部門、外部の協力会社などと共有する場合に、文書のセキュリティを保持した形で管理できるため情報漏洩の防止が行えます。
文書は暗号化されており、アクセス権を持つユーザのみが参照できます。公開された文書は、ダウンロード後も参照時にサーバに権限を問い合わせるため、配布先から漏洩するリスクもありません。
設定したアクセス権や参照可能期間は配布後に変更できますので不慮の事態にも対応が可能です。

機能

■情報保護と権限管理
・編集中や利用されていない間、転送中、配布後であっても常に情報が保護される
・情報を受け取った側の個人ごとに許可する操作や有効期限をリアルタイムに変更することができる

■透かし印刷
・印刷時に、いつ、誰が印刷したのかを強制的に出力させられる

■有効期限の自動失効
・どこにファイルが置かれていても、期限が切れたら自動的にアクセスを失効させることができる

■監査証跡
・文書ごとにどのユーザーが何をしたのか詳細な記録が残る

効果

  • ドキュメントを暗号化することによりセキュアにファイルのやりとりができる
  • 暗号化されたファイルを直接参照するため、配布先から漏洩するリスクもありません
  • ドキュメントのアクセス権、有効期間を配布後に変更できるため、不慮の事態にも対応が可能です
  • 文書ごとにアクセスの記録により、不正アクセスを分析し、原因を特定できる
  • 印刷時に、いつ、誰が印刷したのかを出力できるため漏洩の抑止効果がある

事例

関連リンク

ここまで本文